船本由佳のブログです。
プロフィールはこちら

2010年04月29日

マジックショーからの脱出

100429_220235.jpgトウキョーカルチャーカルチャーで行われた脱出ゲーム
その名もマジックショーからの脱出

東京リアル脱出ゲーム全戦全勝だった私ですが、初めて負けました
制限時間内に脱出できませんでした、ハイ。
最後の謎も解明し、実行に移そうとしたところの時間切れ。あまりにもぎりぎりだったので、もうすがすがしい気持ちです。

真面目にやったら解けます
必ず解けるある意味正統派のリアル脱出ゲームでした

なのにとけなかった、のは残念なので頭痛と空腹のせいにしようと思う
思い返すといまだにくやしいが
残り10分の追加の領域からの粘りがたりんかった

ヒントは会場にちりばめられている
それは、文字になっているものがめだつけど、音にも挨拶にマジックにも混ざっているのでした
何一つ意味のないものはないのです
それからもう一度見るということも大切です

ああーそれにしても悔しいな
大半のお客さんはこうした悔しさを原動力に次回脱出ゲームに参加するらしいのです
ほんとにそうだ!リベンジだ。次こそは!

東京では次回秋ごろ、夜の遊園地からの脱出を予定しているそうですよ

マジックショーからの脱出は、大型連休中開催していますので興味あるかたはぜひ、謎をといて脱出を計画してください
当日券があるみたいですよ

2010年04月23日

太郎さんが好きだった万治の石仏

100411_131357.jpg岡本太郎さんは諏訪の御柱祭がとても好きで、頼み込んで木落としを体験したことがあるくらい

いろんな文章を残しています
御柱は古代が息づくお祭りで縄文を感じるんだそうです

わたしが諏訪で一番始めに作ったリポートは、”御柱と岡本太郎”でした
亡くなってすぐの御柱のときのことでした
…なんか、運命みたい!7年後に敏子さんと出会うことになるとはそのころはおもってもみなかった

万治の石仏は諏訪大社の春宮の近くのたんぼのなかに佇む不思議な石仏です
この石仏も太郎さんのお気に入り
見た目もちょっと普通私たちが目にする石仏とはちがってずんぐりとしている
仏像伝来の潮流を無視したこの姿
だれがつくったかは定かではないけど、誰の真似でもなかったらステキだ!

先日は敏子さんの命日でしたね
敏子さんは太郎さんといまごろどうしてるかしら
posted by ちびこ at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 「岡本太郎」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

里曳きはまもなく始動!

100411_121531.jpgということで、ここまで今年の御柱前半
山出しのことを記事にしてきました

いまは上社の御柱8本は御柱屋敷で
(屋敷といっても施設ではなく場所名です)
下社の8本は注連かけで
眠っている状態です

5月になればそれぞれの時期に目を覚まし、
諏訪大社にむけ動き出します
それが里曳きです

4つある諏訪大社(本宮・前宮・秋宮・春宮)の四隅に建てる”建て御柱”がメインイベントです

これも相当な迫力ですので興味あるかたはぜひ目撃しに行ってください。
木落としが有名だけど、御柱祭はそれだけではない、不思議な不思議なお祭りなのです

5月最初の週末が上社で
次の週が下社です

わたしは行くつもりだったけど連休は仕事になってしまったのでむずかしいかなー
でも7年に一度なので行ける人はいった方がいいです
太宰府のくすかきにもいかなきゃ!!

御柱の梃子衆てこしゅう

100411_121750.jpg赤い衣装の男衆は、梃子衆です
棒を持って御柱のそばを歩き、方向を調整します

モトヅナを守る人がいてオイカケヅナを守る人がいて
斧をもつヨキ係がいて
木遣り隊がいてらっぱ隊がいて
旗持ち係がいて進行役がいて
それぞれの統制がばっちりなのも、このまつりの魅力であり神秘

これが16柱あるのですから

注連掛け前のカーブにて

100411_121512.jpg春宮2リポの続き。
4月の山だしの終着点しめかけの手前にゆるいカーブがあります

見た目はゆるいんだけど、御柱にとっては大変です
長い綱で引っ張っていますので
そのままぴんと張ってしまうと道路をはみ出し山を壊してしまいます

写真はカーブのところで、綱を外側に押し出しているところ
右方向に御柱
左手前に大勢の曳き子という構図です
そうしないと、御柱が急に方向転換してしまうことになりかねません

ゆるいカーブでさえこんな大騒動なのですから、道中はおおわらわ、大曲などは大変です

2010年04月22日

横濱まちづくり倶楽部に参加しました

100417_153724.jpg横濱まちづくり倶楽部に参加しました。近澤レース本社ビルで開催されましたよ


会社経営者・大学関係者・建築家・マスコミはじめ、地域で面白い活動をしている人達があつまり、まちづくりのことなどを話し合う交流会

仕事の関係でかなり終盤からの参加でしたが、多彩な顔ぶれに圧倒されました
異業種交流は楽しいですね!
そのあとは、石川町のピザ、ビスコンティで二次会をしました
posted by ちびこ at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆最新横浜アート&オンガク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

相模原の基地内でランニング大会

100418_122820.jpg東日本国際交流マラソン大会に参加しました
相模原の米軍基地内で開かれます
基地内は広い
いままでにも沖縄や岩国、横須賀の米軍基地にはいったことがありますが、周りの町の混み具合から比べると面積が広いです
岩国はトライアスロンの練習会で入場したのでした。なつかしいな

ゲートではセキュリティチェックがきびしくて、事前申請した登録証がないともちろん入れないです
場合によっては顔写真つき身分証明書が必要です。
荷物チェックはかなり念入り
荷物の下側まで手を入れられました
スプレーとか、没収されていたよ

メンバーはいつものもも関東陸上部。
もはやいっと6けん率のほうが高い(5人/7人)か。
新調したランシューズ&ウェアで機嫌よく5キロ走りました
制限時間ぎりぎりでした。34分49秒。奇跡的!
いつかまたマラソンに挑戦したいよ!
posted by ちびこ at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ふな・日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月20日

ゾウノハナテラスなう

100417_162219.jpg10月のゾウノハナ公演の現場打ち合わせ
このスタッフ数
posted by ちびこ at 13:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆最新横浜アート&オンガク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

春宮2と中継車

100411_114430.jpg木落とし坂を去る春宮2

そのうしろに見えるのは民放局の中継車

ここにLCV・NHK・民放各局の中継車がずらりと並んでいた
スタッフは交通規制が始まる朝6時半までに、この山奥の木落とし坂そばの中継点に配備され、祭が終わるまでここから移動はできないです
各自持ち場で長期戦ですね
おつかれさまです

子ゾロ萌え

100411_113609.jpg秋宮3を離れて春宮2の木落とし見学

写真は落とされたばかりの木落とし坂した
群集がつめかけて大変です


ハッピに腹掛け姿でバンダナをまいたこどもが「オニギリ!」と叫んでポーズをとっている
……!!「鬼斬り」か。子ゾロだ!!

小綱ひっぱれ

100411_100452.jpg御柱の前方に移動しました
御柱の先端から綱が二本伸びていてそれにそれぞれ小綱を巻き付けてひっぱります

氏子優先ですが、観光客も引っ張らせてくれる御柱もあります
だれもかれも受け入れていたらきりがないからこっそりとね

小綱を借りるなりして手に入れることが肝心です


ここでも、ハッピがひとつの通行手形みたいな役割を果たします
ハッピを来ていたら紛れ込みやすいでしょう

んでもって木遣り隊

100411_095915.jpg山のーー神様ーーお願いだー
協力ーー一致でーーおねがいだー
皆様ーご無事でーおねーがいだぁー

ほかにもいろいろあるんだけれど、木遣り歌のよく聞く文句はこのような感じ

御幣(おんべ)という木を薄く削ったふきながしをつけた杖を持ち、その声で群集を鼓舞し、御柱を動かす奇跡の歌声の持ち主達です
数百メートルに及ぶ御柱を曳く行列の等間隔に数人ずつ位置どり、誰かがうたいだすと追随して声をあげ、大勢のひきこたちはそれを聞いて動き出します
精霊のように各御柱につき、呪文を唱える

木遣り歌コンテストがあり、その優秀者はたすきをかけています
子供木遣りもあるのです

ふつうのおじさんやらにいさんが、朗々と歌いだすので、そのギャップになかなかびっくりする状況です
かっこいいね

進軍かなでるラッパ隊

100411_095548.jpg木遣りとともに曳き手の気持ちを合わせるのに必要なのがらっぱ隊です

らっぱ隊は消防団のみなさんが担当すると思われる
この人達もたいそうかっこういいのです

2010年04月18日

横浜下見ツアーだん

まことクラヴ御一行様をつれた横浜下見ツアー。
10月の象の鼻テラスでの公演を横浜をテーマにつくるため、横浜をいろいろ見学。

横浜駅集合。崎陽軒本店でシュウマイを購入し、シーバスで海を移動。山下公園まで海からの横浜を見学。
氷川丸・ホテルニューグランド・マリンタワーをちらりと見学し、元町ショッピングストリートへ。
ウチキパンでパンを購入。
元町中華街駅にできたエスカレーターで一気に山手地区にのぼる。
外国人墓地・港の見える丘公園を見て回った後、フランス山を下山。
中華街でピータンやタピオカドリンクを買いつつ、関帝廟にお参り。
横浜スタジアムを通り、日本大通りを歩いて海側へ。
象の鼻パーク到着。ジャック・クイーン・キングの塔はみえるようなみえないような、象の鼻突堤まで歩いて360度の横浜パノラマ景観を堪能。
象の鼻テラスで、現場下見兼打合せ。
そのあと、中華街で辛い麻婆豆腐を食べて関内に移動。
伊勢佐木モールから福富町で韓国を感じつつ、野毛方面に。
都橋商店街と日の出理容院(バーです)
野毛も少し歩いて、黄金町方面に川ぞいを上る。
黄金町バザールの活動をなぞりつつ、交番・Bankart桜荘など。
最終的にはリバーサイドグループ アウトサイダーさんにお世話になりました。

なかなか詰め込んだ感じです。たのしかったです。

明日は相模原で、マラソン。
走れるんやろか、不安だなぁ
posted by ちびこ at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆最新横浜アート&オンガク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月13日

取材カメラカメラ

100411_094035.jpg芸能人がお祭りに参加していて、取材クルーがついていました

御柱に乗せてもらったり、いろんな体験をしていましたよ
どんな番組だったのかな

この写真だとまんなかあたりに御柱の先頭がいます

御柱と地面の接地面です

100411_093400.jpg御柱はこのように、なんの加工も保護もされず、地面を引きずられております

御柱が通った場所は、木がこすれ筋になっている道もあります
まるで大蛇が通ったあとです

山の神様おねーがーいーだーああ

100411_092930.jpg木遣りの人が御柱の先頭に乗っています

彼が歌うと群集が反応し、御柱が前に進みます

手前で体を下げオレンジの服装をしているのが元綱衆のみなさん
御柱の先端についている太い綱を押さえています

ズズズかゴゴゴが
正しい擬音
急に魂がはいったかのように柱が動くので迫力です

神事おわりこれから出発

100411_092129.jpg秋宮3のスタートはほかよりも1時間遅く9時半から
なのでスタートに間に合いました

御柱の上に木遣りのみなさんが一列に前を向いて並び、先頭から木遣り歌を順番に歌っていきます

一日の最初なので、いつもの感じに加え、儀式的な歌だと思われます

旗持ち係が先頭です

100411_091507.jpg御柱・下社山出し続きです

秋宮3に無事接近
旗持ち係が先頭なのでよくわかります
地区ごとの名前がかいた旗です
たとえばこの秋宮3と次の秋宮1は下諏訪町のみなさんが担当しています
ほかの御柱は岡谷市とか。

この旗持ち係のところに綱の先端があり、その綱の200メートルくらい先の御柱がついています

あすゆうどきネットワーク出演します

100408_133224.jpgあす(日付の上では本日火曜日)夕方5時台ゆうどきネットワークに出演します
関西以外の全国ネットワークです

神奈川県は川崎市二ヵ領用水を旅しています
posted by ちびこ at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ふな・日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。