船本由佳のブログです。
プロフィールはこちら

2012年02月26日

キャスター表彰を受賞することになりました

今年度のキャスター表彰を受賞することになりました。
地域放送に貢献したキャスターに贈られるもので、今年は私を含め全国から二人が選ばれました。
3月2日に授賞式があり、3日には土曜スタジオパークに出演することになりました。

倉敷、広島、大阪、そして横浜と仕事をしてきました。
受賞の一報を聞いたとき、一人で食事をしていたのですが、想像以上に思いがこみ上げてきて涙が出てきてしまいました。
今の仕事はこれまでと比べると、ハードでもなく、目立つこともありませんが、それでも見ててくれていた局内の先輩方が、知らないうちに推薦して下さったことが、受賞に結びつきました。
ただ、目の前の仕事を、自分なりに一生懸命にやってきて、それが評価されたということは、過去の私を育て見守ってくれた皆さんのおかげです。
過去からつながる今の自分が、いまどんな仕事をしているのか、自然体の自分を見てくれていた、今の職場のみなさんのおかげです。

一緒に仕事をしてくれた仕事仲間、見守り応援してくれた上司、面白がってくれた周りの人、協力してくれた取材先の皆さん、仲良くしてくれた友だち、家族。
倉敷・広島・大阪で私にかかわってくれたすべてのみなさん、本当にありがとう。
みなさんのおかげで、立派な賞をいただくことができました。
素直に、こんなにうれしいことはありません。

3日は久しぶりの全国放送です、短い時間だとは思うけど、都合がついたらぜひ見てください。

ちなみに、評価対象になったリポートは、
「被災地に届け アートの桜」
横浜トリエンナーレで日系のベトナム人作家ジュン・グエン=ハツシバさんの作品を制作から取材した企画。100人を超える市民と共同で横浜の町中に桜の大木を走って描くというプロジェクトを紹介しました。この企画はおはよう日本でも全国放送、英語リポートを吹き込んで国際放送でも流れました。
「ニューオリンズからの楽器で被災地を笑顔に」
横浜ジャズプロムナードに出演した気仙沼のジュニアジャズオーケストラを取材。津波で楽器を失った彼らにニューオリンズから届いた楽器には、実は長年ニューオリンズに楽器支援を行ってきたミュージシャン夫妻の功績があったという裏話を紹介しました。
の二本です。リポーターというよりは、ディレクターとしての仕事です。
横浜ではテレビの仕事は少なく、月に一度くらいなので、本数は少ないですが、露出が少ないのに、選んでもらえたのはとてもうれしいことです。

これを励みに
これからも頑張ろうと思います。

posted by ちびこ at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ふな・日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。