船本由佳のブログです。
プロフィールはこちら

2011年12月25日

牛乳味噌カレーラーメン

青森のB級グルメ(?)牛乳味噌カレーラーメンです。
去年食べれなかったので、念願の食べ物です。
発祥という、味の札幌 大西で。
image-20111225141036.png
トッピングで納豆がいいそうです。
驚きですね。

街中のスーパーの地下に本格市場が。
ほたてやマグロ、こんぶやカズノコなど。
リンゴとホタテなどを買い、大量に友人などに発送。
あとで、他の土産物屋をみたけれど、ここはやすいとおもいます。

大量に注文したからか、みせのおじさんが、刺身用のホタテ貝を、七枚も、おまけにくれました。
このあと大騒ぎしながら捌いてたべました。

2011年12月24日

あおもりけん雪帽子

雪の青森に来ています。
新雪は生クリームみたい。
でも、思ったより(生クリームより)
冷たくて、長い時間は向きあってられません、
image-20111224135624.png
青森県立美術館です。いっそう白いです。
去年の夏ぶりです。

image-20111224135750.png
奈良美智さんのあおもりけん
屋内からのみの鑑賞です。
雪の帽子をかぶっています。
去年の旅を思い出します


2011年11月16日

中華街のコンシェルジュツアー

111116_124902.jpg111116_125426.jpg111116_131826.jpg美食節の関連行事で、コンシェルジュツアーがあったので参加しました
コンシェルジュは中華街の案内人の試験に受かった人のことです
普段はお店の中で案内をしていますがこうしたイベントのときには町を案内してくれます

いま中華街には620の店舗があり、そのうち226店が飲食店だそうです

きょうは中華街の中にある二つの廟と10の門を中心にガイドしてもらい、小さな小道も歩きました

コンシェルジュは4人ついてきてくれました
みなさん中華街でお店をやっていたり、中華街育ちの方です

お参りの方法や見逃しがちな面白い彫刻なども教えてもらいました
(明日からの二日間は関帝廟のお参りがメインテーマのツアーだそうです。いつも眺めるだけなのでいつかやってみたいとおもいます)

ツアーの最後はランチです

5回あるツアーのうち最後のランチの場所は毎回違います

私が参加したのは重慶茶楼
重慶飯店グループの中でもお茶や点心に重点をおいているお店です
前菜から始まりフカヒレ入り酸喇湯や麻婆豆腐など、少量を少しずつ食べられて、とてもおいしかったです

特にお茶がおいしかった!
凍頂烏龍茶がお茶っ葉が開いていく様子が優雅でしかも上品でとても良かったです

平日ということもあって参加者は少数でした
もったいない!まだ明日明後日もあるそうです
オススメです

香港路は私道です

111116_122225.jpg111116_122459.jpg111116_122716.jpg私の中でいま一番アツイ通り香港路
実は私道なんだそうです
むかしは銭湯などもあったそうです

曲がって台南小路

そして市場通り
戦後自然発生的にできた市場だったそうです
八百屋や魚屋、海老屋、鯉屋鰻屋などもあったそうです

生活スタイルの変化とともに、いまは飲食店ばかりの通りになっています

山下町なのに加賀町警察署のなぞ

111116_121700.jpgむかしこのあたりは加賀潘が警備をしていたので加賀町と名前が残っているそうです

関帝廟の屋根の上には地球

111116_120443.jpg史上初(?)関帝廟の上には龍の球ではなく地球がのっています

関帝廟の参り方

111116_115142.jpg111116_115448.jpg111116_120003.jpg関帝廟につきました
三国志で有名な関羽が奉られています
ことし関帝廟は横浜に開廟して150年です
この建物は四代目です

となりには横浜中華学院があります
三代目の建物はいまの中華学院の敷地内にあったそうです
火事で消失しました
火事の難を逃れた獅子がいまも残っています


関帝廟は商売の神様
マソビョウは富を守る神様
元町で無駄遣いをしないためにマソビョウに参ってからという話もあるそうです

土地の神様が両方の廟にいて5番目に奉るそうです


二番目に供えるのが関帝の香炉です

太いお線香です
中には赤い顔をした関羽様が奉られています

中国では住所氏名誕生日などを告げてお参りするそうです

中華街のご神木

111116_114225.jpg111116_114308.jpg山下町公園
真ん中に欅の木
中華街のご神木


小紅という華僑のみなさんの保育園と
会芳亭という休憩所がそばにあります
もとは会芳楼という建物があったそうです

朱雀門は赤い門

111116_113700.jpgこのさきは元町ショッピングストリートです

時間は昼

馬祖廟のキリン

111116_113227.jpgアミメキリンです
昔の聖獣麒麟とはちがうみたい

馬祖廟のお線香

111116_112921.jpg馬祖廟には5つ鉢があってそれぞれ願い事が違います

お線香を5本買って順番に供えるのが手順です

番号がふってあるのでその通りに。

馬祖廟です

111116_111843.jpg111116_112408.jpg111116_112510.jpg111116_112643.jpg実在のリンモーニャン(林黙娘)さんが奉られている馬祖廟

護国救民の神

天后宮
(大天后宮は台湾にある)

まそさまはいろいろ名前はかわっていっているのだそうです

入口に龍
出口の虎

コンシェルジュツアー

111116_111510.jpg111116_111220.jpg朝陽門です
風水思想に基づき東に建てられた
青龍
時間でいうと朝
季節でいうと春
竜の通り道だそうです
中華街には門が10あります

近くにある2003年に中華街大通りが改装されたときに作られた斧をイメージしたモニュメント

中華街パーキングに雲鑼

111116_110216.jpg美食節の中華街コンシェルジュツアーに参加しています

40店舗が共同株主になってる中華街パーキング
パーキング一階の待合所に珍しい楽器雲鑼があります
たくさんの銅鑼がついていて音階になっています
演奏できる人はいまのところいないそうです

2011年11月08日

大唐十郎展

111108_195113.jpg111108_194745.jpg野毛の地下街ぴおシティで開催中の大唐十郎展が面白過ぎてならない

未訪の方はぜひ訪れてほしい

先日の赤レンガ倉庫でのリサイタルも、プロレスのリング上で役者が入れ代わり登場しいままでの代表作のテーマなどを歌う度肝を抜くエンターテイメントだった
もちろん唐さん自身も白いスーツで登場し、みんなを大いに沸かせたのだ

野毛ぴおシティで行われている展示は、これまた場末感漂う閉店した喫茶店を会場に、あの独特な状況劇場の舞台セットや小道具、台本、当時のパンフレットなどが展示されている
それもただ展示されているのではなく、まるで撮影セットかお化け屋敷みたいな雰囲気漂う演出で、倒錯したあの世界観が満載なのだ

20日まで入場無料です
ぜひいってみてね

2011年11月06日

展覧会場で肉は焼けるかBankart Life29

111106_233133.jpg本日最高級
グラム500円の牛肉です



ナイス企画です

地域が選ぶ黄金町バザール賞

111106_195805.jpg受賞者は志村信裕さん
地域の三人が選び、全員一致だったそうです
赤い靴
ちりめんやなどの映像作品でしられる若い作家さんです


感動しました

黄金町バザールもクロージング

111106_194409.jpg地域のお店による食事や地域の警察官のかたがつくってくれたもつ煮こみ

黄金町では黄金町でしかみられないパーティの様子がある

ヨコトリクロージング

111106_183302.jpg横浜美術館
最後のお客さんが帰って行きました


ヨコトリキャラバンズの最後の勇姿
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。