船本由佳のブログです。
プロフィールはこちら

2010年05月08日

珍しい状態

100508_181912.jpgほんとぎりぎりでとまってます
秋宮1
木落とし坂上の様子

このあと木落としされました

秋宮がういてます

100508_181308.jpgまもなく木落としです

秋宮のうしろがかなりういてゆれています

ミニ木落とし直前の秋宮1

100508_175111.jpg木落とし前の秋宮1です


チームワークよいです

事故あったため人は乗らない模様

こりゃすごい光景

100508_164941.jpgまだまだいきます

かなり高いです

100508_163526.jpgどんどんあがってきます


背後の山に秋宮の柱接近のにぎやかな曳行の音が聞こえます

これは秋宮の木落としと春宮1の建御柱がかさなるのかしら

ぶれないように支える人

100508_163301.jpg手前の滑車から順番にとりはずされ、ロープでぶれないよう人力で支えます

どんどんあがっていきます

100508_162432.jpg木遣りと掛け声です

やまのかみさまおねがいだー

いよいよです建御柱

100508_162024.jpgみんなおんべもってスタンバイしました

これから建御柱です

100508_161452.jpg木遣りにあわせて掛け声です

木遣りがなきます

100508_161138.jpgいったんおとこたちはひきあげ木遣り隊がなきはじめました

角材とロープを足場にどこまで頑張れるか

100508_160030.jpg乗らない人が周りでサポートしています

地区の代表の若者が乗るんでしょうね

足場を作ります

100508_155758.jpg角材と綱で自分の足場を作っています

垂直に近くなるまでがんばってほしい
一番上の人はおちたら危ないし下の人にも迷惑になるので責任重大です

綱を持ったおとこたちがのぼりはじめました

100508_155512.jpg番号と名前が読み上げられました

どうやらその順番に柱に乗るようです
16番まで呼ばれました

足場になるロープを手に持ち、柱にのってまきつけています

じわじわあがってきました

100508_154847.jpg春宮1がおきあがってきました

柱には乗らないのかな
安全のために乗らないのかもしれません

春宮1があがってきました

100508_154448.jpgそんなこんなしとぃるうちに境内奥の林の中に立てられる春宮3と4が木立の奥で木落とし終了
木遣りと掛け声でわかる

3と4は通常隠されたエリアに建てられるので、祭のときしか近寄れない

車地でまきあげ

100508_153550.jpg写真ではわかりにくいんだけど
車地が見えたので撮影
赤と緑の棒を四人でまわして余分なワイヤーを巻き上げてるところ

見えた春宮!

100508_152608.jpgワイヤーがとりつけられ、御柱から人が離れました

滑車の準備です

100508_151620.jpg春宮1滑車がとりつけられています

滑車と車地(しゃち・人がおして巻き上げる道具)であげていきます
どうかご無事で
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。