船本由佳のブログです。
プロフィールはこちら

2010年12月12日

ラストの目的地はまことちゃんハウス

101212_164441.jpg日が暮れてしまいました

三鷹市山本有三記念館です

101212_155547.jpg昭和11年から21ねんまで実際に山本さんが住んでいた建物だそうです
路傍の石もあります


三鷹までバスで移動し、これからジブリ美術館へ

三鷹の天命反転住宅です

101212_132551.jpg101212_142021.jpg101212_142101.jpg三棟三階建ての9戸
荒川修作とマドリンギンズが世界で初めて作った集合住宅
ショートステイ用の部屋を見学させてもらう
7世帯は賃貸で空きはないそうです

安井設計建築事務所
竹中工務店
試作施工のやり方で作り上げた
できて5年目
真っすぐな柱はない
まんなかの柱に見えるのは柱ではなく配管が通っています
部屋自体が独立して建物を支えている
壁式プレキャスト

でこぼこのゆか
足の裏みたいな床。自分がどういう角度でどう床と接しているかわかるように作られている
大人の土踏まずの大きさと子供の土踏まずの大きさを参考にしている

天井も勾配がついていて、立つ場所によって天井高が違います

黄色い球のような部屋は音が反響して面白い
重力を感じる部屋

真ん中に線が入っていてユニットで組み立てて作る

全部で14色
身体が自然といるときと同じものがいられるようにこの配色になっている
一方向を見たら6色以上
好きな色に勝手に同調して見ていく

お風呂のユニットが入っている部屋は裏にトイレがあります
手前に洗濯機

気配をコーディネートする部屋です

天命反転
人はいろんな可能性を突き詰めたら死なないことができるという可能性を突き詰めるために創作をしてきた
荒川さんは最初はお医者さんになろうと思った
でも1950年代に当時席巻していた現代アートで価値観を変えるという方向に転換


宮崎駿さんと荒川さんは仲良くて、ジブリ美術館を作るときにも話をしたそうです
帰ってくる場所日常から変えていこうと住宅を作ったのが三鷹天命反転住宅

岐阜の養老天命反転地から10年かかって建造された
(こける公園との報道)
荒川さんの東京事務所の松田さんが話してくださいました
これから屋上にあがります

ゴーチェ子午環

101212_130643.jpg円形の屋根ってそれだけでロマン

大赤道議室のデコルテ

101212_125759.jpg外壁の飾り模様に萌える

旧図書庫

101212_125604.jpg外階段と丸窓に萌える

大赤道議

101212_123948.jpg101212_124123.jpg101212_124220.jpg国立天文台本部
三鷹キャンパス

65センチ屈折望遠鏡

内部から見るドームは木製でした

昭和4年設置

構内には
東京大学大学院理学系研究科
附属天文学教育センター
(立入禁止)

天文台構内古墳

101212_121918.jpg上円下方墳

七世紀中頃

アインシュタイン塔です

101212_122714.jpg101212_122827.jpg太陽の重力によって太陽光スペクトルの波長がわずかに長くなる現象(アインシュタイン効果)を検出することを目的に作られました

天文台構内古墳

101212_121918.jpg上円下方墳

七世紀中頃

第一赤道議室

101212_120749.jpgいきなり興奮のドーム

20センチの赤道議がはいっています
月に一回あけて当時どのようにつかっていたかを教えてくれるそうです

太陽黒点の投影スケッチ観測
太陽全面の写真撮影

国立天文台です

101212_120311.jpgアインシュタイン塔と古墳を探します

アースダイバーツアーで天命反転

本日は、Mさん率いるアースダイバーツアーに参加

三鷹の天命反転住宅や近隣のおもしろ建築をまわります

まずは武蔵境駅に11時半集合
メンバーは10人(あとから増員予定)

今回のツアー内容はフリーペーパーHAMArtの次回号に掲載する予定でその取材も兼ねています

バスで天文台に向かいます
天文台には古墳(?)があるらしいです
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。